O脚矯正と頭痛や肩こり

O脚の原因には、生活における癖や習慣、運動不足による筋力の低下、姿勢の歪み等が考えられます。股関節が外側に向いて動きが悪くなり、立った時にひざ同士が離れてしまいます。O脚が酷くなると、脚の症状だけでなく腰痛や肩こりを引き起こすようになります。更に全身の血流が悪化すると、頭痛やむくみや冷え性を引き起こすこともあります。

 
O脚の大半は姿勢の歪みや生活習慣の癖により関節が正しい状態でなくなっていることが原因です。改善するためには、筋肉や骨格を正しい状態に戻す矯正を行わなければなりません。矯正後は本来あるべき状態に戻りますが、同じような生活習慣や癖を続けていると矯正前の状態に戻ってしまいます。矯正を機に、正しい姿勢や習慣を身に付けて歪みを作らないように気をつけることも大切です。

 
O脚矯正を行うと、血流が良くなり全身のむくみも解消されます。もちろん股関節の状態も良くなりますし、骨盤の開きが改善されるケースもあります。慢性的に悩まされていた不快な症状から解放されることも少なくありませんので、O脚を自覚している場合には積極的に改善するための対策を行ったり整骨院に通って定期的にメンテナンスすることが大切です。

 

 

 

 

 

Comments are closed.