O脚になる直接的な原因

すらっとした美脚にあこがれる女性は多いでしょうが、実は日本人の九十パーセントというとても多くの人が、О脚の問題を抱えていると言われています。О脚とは両足の内側のくるぶしを付けて足先を少し開いて立った際に、膝上や膝下、あるいはその両方に隙間ができてしまう脚のことを言います。

 

脚の形がアルファベットのОに見えるために、この名前が付けられたのです。О脚の中でも脚全体ではなく膝のすぐ下から大きく隙間が開いている状態を、特に区別して膝下О脚と呼んでいます。このО脚の直接原因と言えるものは生活習慣で、これが原因のほとんどを占めていると言っていいほどです。ほとんどの人が一日の中で立ったり歩いたりと、何らかの形で足を運動させているはずです。

 

それらの運動によって、重い体を支えている脚は疲れていきます。その疲れが原因で関節を支えている筋肉が負荷を支えきれなくなり、脚の骨格が歪んでしまってО脚を生じてしまいます。また女性のО脚の原因となる生活習慣としては、ヒールの高い靴を履いていることも挙げられます。ヒールの高い靴を履くとつま先立ちとなり、その負担を軽減しようと自然とО脚になってしまうのです。そしてヒールの高い靴を履いているとなりやすい外反母趾もО脚の原因になります。外反母趾の痛みを軽減するために、自然と外側に体重をかける姿勢になるからです。

 

 

 

 

 

Comments are closed.