Archive for the ‘未分類’ Category

O脚矯正と頭痛や肩こり

O脚の原因には、生活における癖や習慣、運動不足による筋力の低下、姿勢の歪み等が考えられます。股関節が外側に向いて動きが悪くなり、立った時にひざ同士が離れてしまいます。O脚が酷くなると、脚の症状だけでなく腰痛や肩こりを引き起こすようになります。更に全身の血流が悪化すると、頭痛やむくみや冷え性を引き起こすこともあります。

 
O脚の大半は姿勢の歪みや生活習慣の癖により関節が正しい状態でなくなっていることが原因です。改善するためには、筋肉や骨格を正しい状態に戻す矯正を行わなければなりません。矯正後は本来あるべき状態に戻りますが、同じような生活習慣や癖を続けていると矯正前の状態に戻ってしまいます。矯正を機に、正しい姿勢や習慣を身に付けて歪みを作らないように気をつけることも大切です。

 
O脚矯正を行うと、血流が良くなり全身のむくみも解消されます。もちろん股関節の状態も良くなりますし、骨盤の開きが改善されるケースもあります。慢性的に悩まされていた不快な症状から解放されることも少なくありませんので、O脚を自覚している場合には積極的に改善するための対策を行ったり整骨院に通って定期的にメンテナンスすることが大切です。

 

 

 

 

 

O脚矯正とセルライト

O脚矯正は、単に足がきれいにまっすぐになるだけでなく、セルライトにもうれしい効果を発揮してくれます。
いちど、脂肪が老廃物とくっつき、筋肉の周りに付き固まってしまうと、表面はボコボコとしているので、外から見てもはっきりわかります。手のひらで少し抑えてねじるようにすると、より明確にボコボコがあらわれます。

 

これを解消するのは簡単なことではありません。まず、しっかりともみほぐす必要があります。オイルを使用して滑りを良くして、効率的にマッサージをしましょう。その際には、ホワイトバーチつまり白樺の成分が有効だと言われていますので、そうした植物成分が配合されているものを選び、老廃物を流し出しやすくします。こういったボコボコは足が細いからと言ってなくなるわけではありません。

 

さらに足がO脚だと普段から血流が悪くなり、リンパのめぐりも滞りがちです。つまり老廃物が流れにくい環境になってしまい、あのボコボコが表れやすくなってしまいます。そこでO脚矯正することによって、老廃物が流れやすく、そもそもたまりにくい環境に整えることができます。O脚矯正は足の形をまっすぐにしてくれますし、その表面もきれいに導いてくれるのです。

 

 

 

 

 

O脚矯正と便秘改善

多くの女性が悩んでいる便秘ですが、頑固な便秘はつらいものです。
便秘解消するためにまず必要なのは、バランスの良い食事と充分な水分、そして適度なスポーツです。

 
スポーツもしているし食事にも気を付けていて、水分もとっているのに便秘が改善されないという人は、姿勢が悪くなっていないかチャックしてみましょう。姿勢の中でも特に骨盤が開いてしまっている場合、町などの内臓が本来ある位置ではないところに動いてしまっており働きが鈍くなっている場合があります。

 

全身が映る鏡の前に立って腰から下をチェックしてみてください。骨盤が大きく開いていてあしがO脚になっていないでしょうか。なっていたら、便秘の原因がこのO脚と骨盤の開きにあります。骨盤を締める体操をしたりなるべく膝とひざをくっつけるように気を付けるようにして、骨盤の開きが解消されれば便秘も改善されます。

 

夜寝る前に骨盤を締める効果のあるストレッチをしてから眠り、朝起きてコップ一杯の水を飲むと便秘に効果があります。昼間も椅子に座るときなどは足を組んだりせず姿勢を正して膝と膝をしっかりくっつけて座るようにしてO脚や姿勢の悪さを直し便秘になりにくい体質を作りましょう。

 

 

 

 

 

O脚矯正と生理痛の緩和

O脚がひどい方に生理中のお腹の痛みや生理前後のPMSがひどい方がいます。生理痛とO脚には関係があることが多くその原因は、O脚が骨盤の歪みから起こっている可能性があることにあります。骨盤が歪むとと、骨盤内の血液の循環が悪くなってしまい血行が悪くなることで、骨盤の冷えに繋がる可能性があるからです。骨盤の冷えだけでなく、体の冷えというのは生理中の諸症状にも大きく関係しており、体が冷えることで血行が悪くなり子宮の内部の状況が悪化すると言われています。

 

 

できる限り身体を温めるようにするだけでもある程度改善はできるはずですが、O脚も生理での痛みも、女性にとっては日常生活に影響が出てきて嫌なことだと思いますので、どちらも改善するためには、骨盤矯正をすると身体のめぐりがよくなります。全てのO脚や生理中の痛さの原因が、骨盤の歪みだけにあるわけではないので、他の原因を取り除かなければ改善されない可能性はありますが、少なくとも歪みを矯正することで、様々な健康効果にも繋がりますし、見た目的にもコンプレックスが解消できますし不妊でお悩みの方は、妊娠しやすくなる可能性もあります。こういったことから骨盤の歪みを矯正するといい効果がたくさんあります。

 

 

 

 

 

O脚矯正と冷え性解消

O脚は日常的な不自然な姿勢、動作、歩行などの影響で骨盤や骨格が歪むことによって生じますが、O脚の影響で冷え性の症状が引き起こされる場合もあります。

 

 

一般に、冷え性は、血行障害によって末端の毛細血管まで十分に血液が行き渡らなくなることが原因で引き起こされますが、O脚になると下半身の血流が悪化して血行不良を招きやすくなるので、冷え性の症状があらわれやすくなります。
また、O脚の人の多くは骨盤に歪みが生じているため、歩くたびに膝関節や股関節部分にあるリンパ管を圧迫していることも多く、その影響でリンパ液がスムーズに流れなくなって余分な水分や老廃物を十分に排出できなくなるため、慢性的なむくみの症状に見舞われることもあります。
足がむくむと血管が圧迫されて慢性的な血行障害が生じやすくなるので、冷えが生じやすくなるわけです。

 

 

一方、O脚になると常に一部の筋肉ばかりに負荷がかかり、その他の筋肉をあまり使わなくなるので、下半身全体の筋肉量が減少してしまいます。
筋肉は熱を作る大切な器官の一つなので、その減少によって体温を上昇させにくくなるとともに、筋力が低下するとその影響で血行不良が生じやすくなるので、冷え性の症状を招きやすくなります。
このように、冷え性はO脚の影響で引き起こされますが、O脚が原因の冷え性の場合、O脚矯正をすれば冷え性解消も十分に可能です。

 
O脚は、整体院での施術で骨盤や骨格などのバランスを整えたり、運動療法によって筋肉のバランスを改善したりすることで解消できるので、まずはO脚矯正の専門的な知識を持つ整体師さんに相談してみましょう。

 

 

 

 

 

O脚矯正をする良い点

生まれ持った骨格が、O脚状態である人以外は、骨盤の歪みや姿勢の悪さからO脚矯正になっています。前者の場合は、骨格に問題があるのですが、後者の場合は、骨盤の歪みを治すだけで、O脚を改善することができます。

 

では、O脚を矯正するとどんなメリットがあるのでしょうか。ただ単に見た目に変化が訪れるだけではありません。
勿論、見た目にも、変化がありますし、一番効果が実感できるものです。開いていた膝が閉じ、足がまっすぐ綺麗に伸びます。また、O脚を改善すると、おしりも上に上がり、スッキリとし、足が長く見えます。

 
それだけではなく、骨盤の歪みを正すことで、生理痛や便秘にも効果的です。血流や姿勢の悪さが重い生理痛や、便秘の原因になっていることがありますが、体のバランスを整えるだけでそれらから開放されます。また、血流が良くなることで、肩こりや頭痛の軽減にも繋がります。

 

O脚は、女性がよくやる、両足の間におしりを落として座る姿勢や、脚を組むことでなります。内股の歩き方もよくありません。また、重心を片足だけにかけている人もなりやすいです。これらに気を付けるだけでも、O脚の予防になります。
O脚を改善するだけで、体の外と内の両方が綺麗になります。

 

 

 

 

 

O脚になる間接的な原因

女性の体の悩みの一つに脚があります。
脚が太い、短いなど代表的な悩みの他にO脚と言う悩みもあります。
O脚とは、脚が外側に円を書く様に曲がっている事です。
ですから、両足を揃えても脚の間に大きな隙間が生じ、格好が悪いのです。

 

O脚の原因は色々あります。
脚を普日常的に組むクセがあったり、歩き方や姿勢、補正下着も体を締め付けるのでO脚の原因の一つとなります。
サイズの合わないシューズ、ヒールの高いパンプス、また、運動不足やストレスも原因となるそうです。
長年習慣となってしまった姿勢などのクセが原因となり、徐々に脚の形は変形していったのです。
O脚は女性に多いと言われています。

 

やはり、脚に負担のかかるシューズを履いたりする事で、O脚になるのでしょう。
O脚を改善するにはカイロプラクティックなどの施術を受けて、歪んだ体の骨などを元の位置に戻す必要があります。
最初は頻繁に通い、体の歪みを改善します。
そして、歪みが改善されたら、定期的に通って歪まない様にするのです。
施術で改善しても、体にクセがあったら又、元に戻りますので、O脚の原因を改善する必要もあるでしょう。
まずはO脚の原因を探す事から始めて、O脚を改善しましょう。

 

 

 

 

 

O脚になる直接的な原因

すらっとした美脚にあこがれる女性は多いでしょうが、実は日本人の九十パーセントというとても多くの人が、О脚の問題を抱えていると言われています。О脚とは両足の内側のくるぶしを付けて足先を少し開いて立った際に、膝上や膝下、あるいはその両方に隙間ができてしまう脚のことを言います。

 

脚の形がアルファベットのОに見えるために、この名前が付けられたのです。О脚の中でも脚全体ではなく膝のすぐ下から大きく隙間が開いている状態を、特に区別して膝下О脚と呼んでいます。このО脚の直接原因と言えるものは生活習慣で、これが原因のほとんどを占めていると言っていいほどです。ほとんどの人が一日の中で立ったり歩いたりと、何らかの形で足を運動させているはずです。

 

それらの運動によって、重い体を支えている脚は疲れていきます。その疲れが原因で関節を支えている筋肉が負荷を支えきれなくなり、脚の骨格が歪んでしまってО脚を生じてしまいます。また女性のО脚の原因となる生活習慣としては、ヒールの高い靴を履いていることも挙げられます。ヒールの高い靴を履くとつま先立ちとなり、その負担を軽減しようと自然とО脚になってしまうのです。そしてヒールの高い靴を履いているとなりやすい外反母趾もО脚の原因になります。外反母趾の痛みを軽減するために、自然と外側に体重をかける姿勢になるからです。

 

 

 

 

 

O脚と膝下O脚ってどう違う?

O脚とは、姿勢のクセや筋力の低下、習慣による影響等で脚の付け根からくるぶしにかけて隙間ができてしまう状態です。整骨院に通って骨格を矯正してもらったり、骨盤矯正グッズを利用することで改善される可能性があります。それに対し、膝下O脚は膝上部分にはそれほど隙間ができないのに、膝下が大きく開いてしまいます。これは、膝下にある脛骨が外側へスライドして起こるものであり、膝や足首の関節のねじれ具合で状態が変わります。

 
この2つには、症状だけでなく改善方法においても違いがあります。膝下O脚は膝下のふくらみの原因が筋肉の緊張によるところが大きいので、まずはマッサージ等を行ってほぐすことが重要です。また、正しいラインを保つためには適度な筋力が必要ですので、専門家のアドバイスを受けながら筋力トレーニングに励むことも有効です。股関節が内側にねじれている場合の対処法としては、両足の膝とかかとをつけてつま先を外側に向けるという動作を繰り返し行うと効果的です。

 
膝下O脚は治りにくいと言われていますが、原因に合った対処法が見つかればすぐに効果が表れるケースもあります。症状がひどい時には一度専門の人に見てもらい、状態を正確に知ることが大切です。